Biography

 

falleaves

2016年10月に結成。コンセプトは「思いついたらやる」。

その時々の状況に応じてメンバー構成を拡大・縮小してのライブ、制作を行っており、フレキシブルさを武器に活動中。
フルセットでは総勢6人となり、ギター3本、ベース、ドラム2台の構成による演奏はとてつもない爆発力を生む。

樋口とキタジマの異なるキャラクターを持った2人のボーカリストと、TKNを含めたコンポーザー3人を擁し、
ブチ切れたハードコア・ナンバーやアンニュイなインディー・ロック等、曲調もバラエティに富んでいる。
 

Member

L→R

キタジマサトル (Gt/Vo)
falleavesのVo/Gt兼作詞作曲も担当する。別称エモジマ。snoozeではVo/Gtとしての活動を経て現在に至る。
街と散歩と酒とらーめんとカワウソが好き。
市来将志 (Dr)
falleavesではドラムと子育て担当。
never say that / SHORTAGEのドラム。
DEENを聞き続けて20年、お酒の許容量はビール1缶
高野”TKN”優裕 Gt/Cho
falleavesのGt/cho兼作曲担当の1人。
FILTER.sceneと3つのバンドを掛け持つ。
90’s 00″s の国内外エモ、オルタナに影響を受けた楽曲を手掛ける。
ライブではバンドの音量に負けない程うるさい顔でギターをかき鳴らす
Kosuke Higuchi (Ba/Vo)
falleavesではBa/Vo兼作詞作曲担当。
never say thatでの活動を経て今に至る。
影響を受けたパンク、エモ、ポストロックを軸に日本特有のメロディラインを乗せた楽曲を手掛ける。
Help!以降のジョンの書くひねくれた楽曲が好き。
加藤圭太朗 (Dr)
falleavesではドラムを担当。2017年2月頃加入。
2007年から2011年頃にdeidのドラムとして活動。
deid脱退後は数年に1度ペースでバンドサポートを行なう。ハードロックドラム、一部アイドル音楽に傾倒。
falleavesの目立たないけどヤバい奴担当。
Abiko (Gt)
falleavesでギターのみを担当。白髪混じり。
sceneのギタリストとしても活動中。
ハードオフ、楽器屋を巡回するのが趣味。趣味が高じて蒐集した機材の試用のためにfalleavesで活動している。